2,500部で5反響0.2%!『ほんまに嬉しいわ~!』

こんにちは地域密着工務店専門!いっしょに集客の礎をつくる株式会社ジブラボの藤森です。

チラシ製作サービスより、チラシをお申込みいただきました愛知県の工務店様。

(下記がチラシですが、社長が少しシャイな方なので今回はチラシをぼかしています↓)

 

世帯数2,500世帯と少なく,ポスティングサービスもない田舎とのことで、

何よりどう配布するかが一番考えたポイントでした。

 

結果、新聞屋さんが折込みではなく、ポスティングに近い感じの独自のサービスで

ご協力してくれることになりましたが、色々調べたところこんなサービスも

郵便局にあったんですね。お値段は高めですがご参考までに。

【郵便局の配布サービス タウンプラス】

 

7月20日から徐々に配布してくれた様子で、

昨日お客様に効果をヒアリングさせていただいたところ、

なんと!2,500部で5反響 0.2%!

内容は網戸の張り替えが多く、小さめの増改築の相談もあったそうです。

1回目からこの数字にビックリ。表題通り『ほんまに嬉しいわ~!』です。

 

成功要因はライバル会社がいない田舎だったのが逆に良かったのかもしれませんね。

 

最後に、奥さんからチラシ表面の社長の写真が恥ずかしい!と言われたそうで

イラストにしようかな・・・と相談を受けましたが、

私からはこのままの方が良いですよ!と言いました。

 

全国の地方都市や田舎でもチラシ集客も徐々に効果がでてきています。

ぜひ悩んでいないで当社サービスでいっしょにチャレンジしましょうよ!

または、ご自信でチラシを作りやってみてください!

 

一番重要なことは、戦略・計画なきチラシは必ず失敗するということ。

年間何回配布するのか?何月何日に配布するのか?何枚?どの目的のチラシを?

年間予算は?など決め必ず一度、年間を通してやってみてください!

 

実際やってみることが一番身になります!

では今日はこのへんで!

fujimori

◎名前:藤森 保弘(フジモリ ヤスヒロ)

◎出身:三重県

◎紹介文(経歴):

大学卒業後、地元(田舎)の信用金庫に就職。担当のお客様がWEBで売上を伸ばしていることに心打たれ勤務5年でWEB制作会社に転職。

大阪・東京・広島など都市圏で所長・部長管理職を約10年間経験。その中で『そもそも自分がWEBからの集客に特価するのではなく、地域密着など経営方針から連動している総合的な集客が好きだと日々感じる。』

そして36歳で地域密着集客を突き詰めるべく、お世話になったWEB制作会社の社長に許しを頂き、株式会社JibuLabo(ジブラボ)を設立。

現在は神戸の平野工務店で働きながら全国の同じ地域密着工務店さんを集客から応援しております!


iconチラシ製作サービスのご案内。あなたもこんな悩みを持って

 いませんか???


✅ 集客を忙しい時は考えない・・・暇になった時に考え不安・・・になる

✅ 少人数(1人~5人)でやっているから、とにかく集客に取り掛かる時間もノウハウもない

✅ 大手量販店やIT業がリフォーム事業へどんどん参入している現状に不安・・・

✅ チラシのノウハウなどネットや本で学ぶがイマイチ自分のツールに落とし込めない

✅ 地域密着にシフトしたいが始め方・やり方がわからない。何より一歩踏み出せない

✅ 地域密着のチラシをどう作ったら良いかわからない

✅ 今月は良い反響数だけど・・・来年も同じようにいくか不安。数字が見えない。

✅ 他のリフォーム会社とずっと張り合っていけるのか不安・・・

✅ 近くにフランチャイズ展開するリフォーム会社が出来てこの先不安・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらのサービスが生まれるキッカケを作ってくださった

神戸の工務店社長も3年前まで上に書いてある悩みをお持ちした。

しかし、地域密着にシフト。

このチラシ集客を計画的・定期的・継続的に実践し続けることで

今では悩みから自信に変わってます。

shashin
toiawasebotan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です