お金と時間をかけずに問合せを増やすには○○を意識する!

 

YUUKI150321490I9A4375_TP_V

「今月も反響○件かぁ~!」

いつもこんな言葉が自然と口から出たり、集客に悩んでいる中小企業経営者の方なら、
このまま読み進めてください。

なぜなら、お金をかけずにサクッとできる反響率改善方法のヒントを、
ここで紹介するからです。

この方法を使うと反響率を改善するどころか、お客様があなたの商品・サービスに
共感してくれるので、成約率も必然的に上がります!

同じ中小企業でも集客に困っていない会社があるのはなぜでしょう?
同じエリアで、毎月同じようにチラシを配布している、同じような内容のホームページを
公開しているはずなのに、反響率が大きく変わるのはなぜでしょうか?

・あの会社何か悪いことしてるんじゃないか?
・実際は値段が滅茶苦茶安いのでは?
・広告費をたくさん使ってるのでは?

色々、原因を考えることでしょう。
しかし、答えはそこにはありません。

なぜなら、まっとうにしかもお金を使わずに「あるポイント」について
頭が割れるくらい考えてから、チラシやホームページを作っているからです。

「あるポイント」って何?と思ったあなたへ!では、答えを発表しますよ~!

それは、「誰に向けて書くか?」をしっかり考えてから
チラシやホームページを作りましょう!ということです。

「なんだそんなことか!?」、「それだけ考えれば反響率が変わるなんて嘘だろ!?」と
思う経営者の方もいるかもしれません。

そのお気持ち痛いほど分かります。私もこのことに気づく前はそうでした。

しかし、集客に困っていない会社を分析していくと、みなさん必ずといっていいほど、
この「誰に向けて書くか?」を意識しています。

では、なぜそうしているか?
たとえ話を紹介しながら必要性を書いていきます。

あなたは手紙を書くとき、送る相手の事をイメージしていないですか?
両親や友達などに、手紙を書く時を思い出してください。
友達に書くなら「あいつこんな事が好きだから今度一緒に行こうと誘う内容を書こう」、
両親なら「体は元気ですか?こちらは元気です。」など、相手の好きな事や行動パターン、
求めていることなどを考えつつ、相手が喜ぶことを伝えようとしますよね?

チラシやホームページも一緒です。
広告だからといって構える必要もありません。

どんな商品でも、こういう人に買って欲しいという「誰に」はあるはずです。
その「誰に」で設定した人が悩んでいることを把握し、この商品・サービスなら
こう解決できるという「問題解決策」を分かりやすく伝えてあげればいいだけです!

建築業界に限らず、どの業界でも競合他社で上手くいっていると聞いた会社のチラシや
ホームページの内容をパクって作成したけど、全然反響がなかった!なんて話をよく
聞きます。

でも、そうですね。
チラシやホームページに書いているメッセージが、誰に向けて書いているのかを
分かってないと表面上を真似したたころで何もよくならないのです。

まとめ
・誰に書くかをしっかりイメージしてからチラシやホームページを作る
・設定した人の悩みを把握して、その問題解決策を分かりやすく書く

設定した人の悩みを知るにはどうしたらいいの?と思っている方へ!
悩みのリサーチ方法やツールをアドバイスすることもできます。

お気軽にご相談ください!

問い合わせ電話番号:06-7878-8167 担当 藤森(フジモリ)
◎受付日時:月曜日~土曜日 9:00~19:00
※移動中の為折り返しのご対応になることもございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です